コップを持つ人

水素を取り入れればアトピーで苦しい思いをしなくて済む

肌のバリア機能を取り戻す

水

活性酸素を効率的に除去

皮膚の炎症に伴って強いかゆみを生じるアトピー性皮膚炎は、気管支喘息や関節リウマチなどとともに自己免疫疾患の1つに数えられます。いずれも免疫機構の異常を根本原因としており、本来であれば細菌やウイルスなどの異物を攻撃すべき免疫が自分自身の細胞を攻撃することから一連の症状が発生しているのです。アトピー性皮膚炎の治療では、皮膚の炎症やかゆみ症状を抑えるためにステロイド剤などの薬が多く利用されていますが、それらはあくまでも対処療法で副作用も皆無ではありません。そんな中で近頃アトピー症状に悩まされている患者の注目を集めているのが、水素を活用した症状改善の工夫です。最も軽い元素として知られる水素は酸素と化学的に結合して水分子となるため、自然界にも大量に存在しています。アトピー性皮膚炎の症状を引き起こしている直接の元凶は、免疫の異常によって大量に発生する有害な活性酸素です。アトピー患者はこの活性酸素の働きによって肌のバリア機能が低下しており、わずかな刺激でも肌に炎症を起こしやすくなっています。触れた物質を瞬時に酸化してしまう活性酸素はさまざまな病気や老化現象の原因にもなっていますが、水素が存在するとその有害な性質も除去されるためアトピー症状の改善にも役立つのです。水素を摂取するための方法として最も一般的なのは市販の水素水を飲む方法で、濃度が高い製品ほどアトピー改善効果も高くなります。水素は水に溶け込んだ後に抜けやすくなるため、アトピー患者の中には専用の水素水発生装置や水素風呂を購入している人もいます。以上のような方法で生活の中に水素を取り入れて有効活用することにより、アトピー症状を引き起こしていた活性酸素が除去されて肌のバリア機能も回復されると期待されます。食事の工夫やストレス軽減といった対策と同時に水素を活用することで、それらの相乗効果によってアトピー症状改善が早まるのです。